市販の生理痛の薬で耐えうる程度の生理痛

生理の時にはひたすらお腹も気持ち悪くて眠気がすごくてだるい日々でした。

腰が痛くてたまらなくて、歩くのも辛いことも多かったです。

だから、生理の時期になると立ち仕事である自分のお仕事もなかなかやりにくいのがいつも困りものでした。

でも、私はそれまで生理痛でも薬を飲んでなかったのです。

薬でなく自然治癒力によって耐えるべきだと考えていたし、市販薬の購入はお金がもったいないと思って我慢してました。

けれどこれ以上毎回仕事に差し支えるのは困るからと市販薬を飲むようにしたら、だいぶ生理期間も普通に過ごせるようになってきました。

とはいえ重い生理痛は気になり、ひどい生理痛はもしかしたら子宮内膜症の心配もあるからと周りからも勧められて婦人科を生まれて初めて受診しました。

あわよくば生理痛を改善できる術が分かるかもと期待していたのです。

すると、超音波検査で子宮をチェックしてくれた先生が言いました。

生理痛が重いって言っても市販の生理痛のための薬でなんとかなってる程度でしょう、特に子宮には何の問題も見られないし、大丈夫ですよ、と。

私が痛みには弱いだけだと言われた気がして何となく凹みました。

でも子宮腺筋症ってちゃんと婦人科でチェックしてもらわないと分からないです。

婦人科の先生からも、今は何もないけど年に一度子宮がん検査を受けておけば安心ですよと言われました。

それから、生理痛はあまり変わらずですが年に一度必ず子宮がん検査と一緒に超音波検査をしてもらってます。

生理痛がきついこともあると何かあるかもとたまに不安になるので、定期的な子宮のチェックはもう私には欠かせなくなっています。

おならが止まらない 卵巣嚢腫 プレミアム酵母 蓄膿症 頭痛 子宮が痛い 後鼻漏 子宮筋腫妊娠 ニキビ角栓 足の痛み 頻尿 非公開車両 ラミューテ ルフィーナ 子宮腺筋症 足のしびれ

MTBlog50c2BetaInner

最近のブログ記事