生理痛が酷い時、私が試した二つの方法

生理が来たときの私は散々でした。

始まる二日前ぐらいから、頭痛が起こり、

最中は下腹部の尋常ではない痛みはもちろん、

腰の痛みに発熱、精神状態も不安定になります。

一般的な生理痛と呼ばれるものは全て起こっていました。

特に下腹部の痛みと、頭の痛みは時には動くことも出来ず吐き気を催すほどに痛むときも。

薬を飲んでも、初めのうちはあまり効果が見られず、とても悩んでいました。

私の周りは基本的に生理痛が重い人ばかりでしたので、

どうすればマシになるという意見交換はよくしていたのですが、

色々試したその中でもやはり一番効果があったのはお腹を冷やさないことでした。

一番シンプルでオーソドックスな処置なのですが、

予測日の大体一週間前程から、お腹を冷やさないように心がけると、

痛みが随分楽になりました。

こんなことで、と思われるかもしれませんが、

やはりお腹を冷やさないということは一番大事であり、また少し難しくもあります。

冷たい食べ物や飲み物を控えたりするのも付き合いの中だと結構大変です。

そんな場合に私が次に気を付けたことは、カフェインをあまりとらないようにすることです。

こちらも予測日の大体一週間前ほどからカフェインの入った飲み物を控え、

さらにプラスで予兆があった瞬間にさほど痛みが無くても薬を飲んでおくと、

生理痛の痛みが軽減されました。子宮筋腫妊娠

今は歳も取り、若い時ほど生理痛が苦では亡くなったのですが、

少しでも危ないなと感じたらこれらのことを実践しています。

おならが止まらない 卵巣嚢腫 プレミアム酵母 蓄膿症 頭痛 子宮が痛い 後鼻漏 子宮筋腫妊娠 ニキビ角栓 足の痛み 頻尿 非公開車両 ラミューテ ルフィーナ 子宮腺筋症 足のしびれ

MTBlog50c2BetaInner

最近のブログ記事