今では滅多にお会いしないニキビと共に過ごした学生時代

小学校高学年から高校卒業するまでずっとニキビに悩まされてきました。小さなプツプツとしたニキビがほっぺやおでこにでき、治ったかな?と思ったらまたできての繰り返しで、肌が綺麗な周りの友達が羨ましくて仕方がありませんでした。

高校生になるまでは、正直あまりニキビについて恥ずかしいと思うことはありませんでしたが、やはり修学旅行の写真などを見ると自分だけ赤いニキビができていたりと恥ずかしかったです。誰も馬鹿にしてくることはありませんでしたし、高校生になってからは勉強が忙しく、私以外にもニキビが頻繁にできている友達がいたため、ニキビに悩むことは当たり前だと思って生活していましたが、やはり心のどこがで恥ずかしい部分はあり、ニキビのせいで化粧を薄くしたいと思ってもできなくて不細工だとか、不潔だとか男子から思われていたらどうしよう、と思うこともありました。

高校三年生になってから、親のすすめで皮膚科に行き治療をすることを決心しました。レーザーを当てたり、病院で貰った石鹸で洗顔をしたり、塗り薬を塗り飲み薬を飲み、高校卒業するまでの間、頻繁に皮膚科に通い治療に専念しました。そのお陰で、高校を卒業してからは、ほとんどニキビに悩まされる事はなく、今ではたまに大きな痛い潰したくなるようなニキビが生理前にできる程度で、日頃は今ででは想像できない普通の肌になりました。

ショートヘアにしたり、おでこを出したりするのが今では恥ずかしかったですが、今では堂々とでき、きちんと化粧もできています。

もっと早く治療に取り組んでいればさらに楽しい女子高生が送れたのではないかなっとちょっと後悔もありますが、きちんと治せたので本当に良かったです。

おならが止まらない 卵巣嚢腫 プレミアム酵母 蓄膿症 頭痛 子宮が痛い 後鼻漏 子宮筋腫妊娠 ニキビ角栓 足の痛み 頻尿 非公開車両 ラミューテ ルフィーナ 子宮腺筋症 足のしびれ

MTBlog50c2BetaInner

最近のブログ記事